ホーム>離婚カウンセリングとは>離婚調停について

離婚調停について

このサイトは離婚カウンセリングに関することがテーマなので、離婚調停は少し本筋から
外れますが、離婚を考えている人は知っておいて損はない制度ですので、簡単にご説明します。

離婚調停とは、離婚について夫婦での話し合いがまとまらなかった場合に利用できる制度です。
離婚調停は家庭裁判所で行われ、中立の立場の調停委員が間に入って話し合いを行います。

離婚調停で決める内容は離婚そのものだけではなく、離婚後の親権や財産分与など、
離婚に関連する問題についても話し合うことができます。



離婚調停のメリット

・費用が少額、弁護士が不要
調停申し立て費用1,200円+切手代と、少額で手続きを行うことができます。
裁判ではないため弁護士にお願いする必要もありません。

・調停調書が作られる
調停が成立した場合、調停調書という書面が作られます。調停調書には
慰謝料の金額や養育費などが記載されており、この決められた金額が
支払われなかった場合、相手の財産を差し押さえることができます。

・夫婦が顔を合わさずに話し合いができる
間に立つ調停員を通して話し合いが行われるので、
夫婦が顔を合わすことなく冷静に話し合うことができます。



離婚調停のデメリット

・時間がかかる
一般的には数回にわたって話し合いが行われ、それぞれ1ヶ月以上期間があきます。
そのため、数か月~半年以上と、調停成立まで時間がかかります。

また、調停が行われるのは平日の昼間なので、
平日仕事の方は休みを取らなくてはなりません。

・調停委員は一般の方
調停委員は法律の専門家などではなく、一般の方たちです。
年代・経歴なども様々なので、言ってしまえばどんな調停委員に
当たるかまったくわからないため、当たり外れがあります。

・途中で意見を変えづらい
一応、離婚を前提に話を進めて、途中から円満な関係を望む方向に
意見を変えるなどは自由ということになっています。

しかし、実際には途中で意見を変えるとより話し合いがこじれてしまう場合も多く、
後々の話し合いも不利になることがあるようです。



こんな時には離婚調停

以上を踏まえて、どんな状況の時に離婚調停を利用するべきかをまとめます。

・離婚したいという気持ちが固まっている
・相手が話し合いに応じてくれない
・客観的に見て、有利な条件で離婚できる

以上のような状況であれば、離婚調停は1つの手段として有効に使えるものだと思います。

しかし、内実としては離婚に関するプロが介在しないまま、裁判所という重圧がかかり
本音が言いづらい場所で話し合いが進んでいくのは、精神的にも負担が大きいものです。

少しでも離婚を迷っていたり、自分でもはっきりと言葉にできない気持ちの
モヤモヤなどがある場合は、まずは離婚カウンセリングを試してみることをお勧めします。